【まとめ】5G、IoT、ビッグデータ、AIを整理してみた|番外編

ここ数年に渡って、以下のようなワードが、あたかも魔法のように乱立しているので、一度簡単に整理しておきたいと思う。

※言葉の解釈を間違えていたら、是非ご指摘いただきたいと思う。

5G

IoT

ビッグデータ

AI

まずは、各々のワードをwikiより引用。

▼5G

第5世代移動通信システム(だい5せだいいどうつうしんシステム)とは、現在規格化が進行中の次世代無線通信システムである。英語: 5th Generation, 「5G」(ゴジー、もしくはファイブジー)と略記される。

ウィキペディア(Wikipedia)

5Gでは、急増し続ける通信トラフィックへの対応が課題となっており、無線周波数帯の確保が重要視される。通信トラフィックは、過去5年間[いつ?]で10倍になっており、
2020年には、現在[いつ?]の100倍になることが予想される[3]。端末の台数は、ウェアラブル端末・M2M (Machine to Machine) やIoTの普及により、今後データ通信量の急増が予想される。

ウィキペディア(Wikipedia)

▼IoT

モノのインターネット(物のインターネット[1][2]、英語: Internet of Things:IoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる[3])、情報交換することにより相互に制御する仕組みである[4][5]。それによるデジタル社会(クロステック)の実現を指す[6][7]
[8]。現在の市場価値は800億ドルと予測されている[9]。経済産業省が推進するコネクテッドインダストリーズやソサエティー5.0との関連でも注目を集めている[10]。近年ではIoTに次ぐ技術として、ヒトのインターネット(Internet of Human:IoH = ヒトがインターネットと繋がる)[11]、能力のインターネット化であるIoA[12]が言われている

ウィキペディア(Wikipedia)

▼ビッグデータ

ビッグデータ [1][2](英: big data)とは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。
ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管[3]、検索、共有、転送、解析[4]、可視化等多岐にわたる。これら課題を克服しビッグデータの傾向をつかむことで「ビジネスに使える発見、疾病予防、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」に繋がる可能性がある[5][6][7]。
用語自体はデータマイニングで一般的に使われてきたが、2010年代に入ってある種のトレンドを示すキーワードとして、新聞・雑誌などでも広く取り上げられるようになって
きた[8]。

ウィキペディア(Wikipedia)

▼AI

人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、「「計算(computation)」という概念と「コンピュータ(computer)」という道具を用いて「知能」を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語[1]。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」[2]
、または、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」ともされる[3][4]。

ウィキペディア(Wikipedia)

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム[5]。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)[6]
、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある[5]。

ウィキペディア(Wikipedia)

という感じで、言葉では分かりにくいかもしれないので、図で表現とすると以下のようになるのではないだろうか。一直線で表現するものではないかもしれないが、分かりやすく表現してみたつもりである。

※図中記載のデータとは、数値のみではなく、言語や画像なども含むデータを意味する。

なお、各々を取り巻く環境には以下などのような課題があることも抑えておく必要があるだろう。

  • 5G :周波数、バッテリー課題
  • IoT :通信方式課題
  • ビッグデータ :サーバー課題

※あくまでも個人的な感想となりますので、ご理解の程宜しくお願いいたします。
※お問い合わせなどございましたら、以下まで。

■Facebook
https://www.facebook.com/DigitalAdMan/

■Twitter
https://twitter.com/DigitalAdMan1

お薦め記事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です